三日坊主、根性なしが1年間モチベーションを維持し続けられた方法

どうやったらモチベーションって維持できるんですか?

モチベーションが維持できません。

これはほとんどのダイエッターが抱えている問題と言っても過言ではないはす。

今回は私が1年間どうやってモチベーションを維持できたのかについて話したいと思います。

最強のモチベーション

私にとって最強のモチベーションは「怒りと悔しさ」でした。

この2つがあったから1年間、ダイエットを継続することができました。

正直これ以外ないって言っても過言じゃないぐらい。

長期ダイエット&それなりの減量となると、きれいごとじゃ続かないんですよ。

キレイなりたいから痩せたい!とか

モテたいから痩せたい!とか

一時的には頑張るぞおおってなりますが、長く持たない。

結局、自分には無理だな。そんなタイプじゃないわって諦めちゃう。

岩のように動かない私の心と体を動かしたのは怒りと悔しさ。

怒りも一時的な怒りじゃ弱いです。一生忘れられないぐらい頭に来ることです。

悔しい時も手をグーにしたら血が出るぐらいの悔しさです。

この怒りと悔しさが私にとっての最大の追い風であり、最強のモチベーションを保つ方法でした。

ダイエットを始めたきっかけも友達や家族に言われた言葉でした。

言われた言葉を携帯のメモに残しました。


それを見るたびに「今に見てろよ…」って気持ちが込み上げて来たんです。

メラメラ燃やしながらウォーキングやら宅トレをしていました。

怒りと悔しさは私にとって最大の燃料です。

これがなければ17キロの減量は無理でした。

今でもジムで最後の2回が辛くてできないって時にムカつくことを思い浮かべます。

そうするとスーパーサイヤ人みたいなパワーが出てくるんです。

だからこれを読んでいる人も今まで言われてムカついたことをメモに残してください。

文字化してください。筋トレの前やウォーキングの前に見返します。

諦めそうな時にも読み返します。

自撮り写真

今の自分の全身見たことありますか?鏡越しではなく写真で。

本気で痩せたいなら自分の全身の写真を撮ってください。

去年まで私が行動できてなかったのは自分のヤバさに気づけなかったから。

都合のいい部分しか見てなかったから。心のどこかで私はそこまでやばくないって思っていたから。

でもあまりにもデブデブ外野がうるさいからある日全身の写真を撮ったんです。

正面、横、後ろ。この3枚です。

「こいつはやべえ…」ってなりました。

自分が思っている自分じゃない。塗り壁のようなバケモノが出てきたんです。

お腹だって妊婦さんに間違われてもおかしくないだろうってお腹です。

それ以降、宅トレもウォーキングも始めました。そして毎週、自分の写真を撮っていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

おしぷりさんさん(@odbchange161)がシェアした投稿

筋トレめんどくさいな…って日もデブ全身写真をみるとやっぱりやるか!って気持ちになるんです。

やらないでサボっている時間はずっと写真に写っているブサイクな体のまま。

変えるには自分が行動する以外ありません。それが写真にしたらひしひしと感じるんです。

今でも過去の写真を見返してここに戻っちゃいけないから続けようって気持ちにさせてくれます。

そして1年撮り続けると立派なビフォーアフターにもなります。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by おしぷりさん (@odbchange161) on

自分の歴史を残すためにも写真は最強。

着たい服

痩せたら着たいシリーズと名付けたワンピースが3着あったんです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

おしぷりさんさん(@odbchange161)がシェアした投稿

この3着を今年の夏に着こなせるように頑張ろうって気持ちを持ちながら筋トレしてました。

去年はジッパーが全く閉まらなかったのに締められるようになったとか、

お腹があとちょっと引っ込めば外で着られるレベルになるぞ!!とか、

変化があるたびにテンションが上がりましたし、頑張ろうって気持ちにもなれました。

最終的には今年の夏にワンピースを着て外に出られるようになりました。(いつか写真付きで記事書きます。)

モチベーションなんて関係ない

ダイエットを始めて1年が経ちました。

最初は怒りがモチベーションでした。それがあったから頑張れました。

じゃあ現在のモチベーションはなに?と聞かれると、正直「ない」です。

モチベーションある、ないをもう考えなくなりました。

1年間のダイエット生活が習慣化しました。

ジムに行く時も別にモチベーションなんて考えない。

むしろ、ジム2日サボったらモヤモヤしてきて明日は絶対行かないとって気持ちになる。

この気持ちは多分、髪の毛を2日洗わなくて耐えられない気持ちと同じだと思う。

習慣化したことをしなくなるとなんか気持ち悪いんです。ソワソワします。

食事にしても何も考えずに掃除機みたいに食べ続けた日が2日続くと体がもう無理…ってなるんです。

ダルいし、重いし、そろそろ食事見直そうって自然そう思うようになります。

習慣化したらモチベーションなんて意識しなくても自然と体が動くようになります。

それはおしぷりさんが元々そういう性格だからでしょ!!!

いやいやいやいや。これは性格が几帳面だからとかそんなん関係ないです。

勉強も仕事も続かない人間の私が言うんだから本当です。

運動だって生まれてこの方大嫌いでしたし。意識低い系人間が敵でしたから。

そんな人でも1年間続ければ習慣化されます。

爆食いしたいからこそ

インスタ見てくれている人は知っていると思いますが私、二郎大好きなんですね。

二郎はラーメンのお店の名前。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by おしぷりさん (@odbchange161) on

目標体重だった57キロになった時、1年食べていなかった次郎を解禁しました。

それはもう、天にも登るぐらいの美味しさでしたよ。

二郎をおいしく食べたいから筋トレも普段の食事制限も頑張ろうって思えるようになりました。

美味しいものをおいしく食べたいからこそ普段のダイエットを頑張ろう。

これは今のモチベーションと言えばそうかも。

褒められる環境も大切

ダイエットが続かない原因の一つに自分の体型が変わっていることに気づけない。

もしくは周りも全然気づいてないし、褒めてくれないこれも続かない原因の一つ。

私も73キロから70キロに数字が変化しているのに鏡を見ても相変わらず腹風船お化けがただずんでいるだけだし、

周りからも「ダイエットするって言ってたけど、いつから始めるの〜www」

なんてちゃかされたりした。「もう始めてるし!!なんで結果出ないのおおおお」

この時はダイエットを続ける意味があるのか、てか本当に痩せられるのか毎日不安とイライラでした。

その時にインスタグラムを作って毎日写真を載せました。最初こそリアクションが薄かったけど2ヶ月、3ヶ月と更新していると

「お腹すっきりしましたね!」

「足がきれいになってきてます!」

ってコメントをくれるんです。些細な変化でも見てくれている人は気づいて褒めてくれるのでそれが嬉しくて逃げることなくダイエットを続けられました。

別にインスタをやれ!とは言いませんが、褒められる環境を作るのもモチベーション維持には超大切!

習慣化したら最強

習慣化できたらこっちのもんです。別にモチベーションうんぬん気にしなくても勝手に頭の中で筋トレメニューや食事を考えるようになります。

そこに行くまで!辛くてもだるくても継続あるのみです。

私のモチベーション維持は

・怒り、悔しさ(効果絶大)
・自撮り写真
・着たい服
・誰かに褒められること
・おいしい物を罪悪感なしに食べたいから頑張る

もしモチベーションがないという人はとりあえず1ヶ月本気で続けてみてください。

モチベーションも探さなくてもいいですし、やる意味があるのかなんて考えなくていいです。

変わりたい気持ちだけで1ヶ月宅トレなり、食事の量を減らす努力をしてみてください。

本気で向き合えば1ヶ月でも変化があります。特に食事制限がうまくいけば体重がグッと落ちます。

モチベーションの探しに途方に暮れる前に今ある食事の量を減らす、お菓子を食べない、ウォーキングに行く。

【関連記事】
【挑戦】アブローラー1ヶ月チャレンジ!効果はあった?お腹は痩せた?
みんなにアンケート!生理中に筋トレする派?しない派?
【体重公開】空腹睡眠は実際に痩せるのか?2週間試してみた結果

関連記事

停滞期で全然体重が落ちません...辛いです。こんな時どうしてますか?

ダイエットが続かないから喝を入れて欲しい人へ

73キロ、大食い、三日坊主の私でも続いたダイエットの始め方

くじけそう...ダイエット中に読みたい喝、まとめました

どうしても食べたい時はどうしていますか?に答える

【体重公開】空腹睡眠は実際に痩せるのか?2週間試してみた結果